学生がカードをもつ利点

学生のうちからクレジットカードを持つことにどんな利点があるのだろうか。

まず、所有できるカードのランクがある。
クレジットヒストリー、勤続年数、年収などを厳しく調べられるので、三井住友VISAカードなどの銀行系カードは社会人1年~2年のうちはなかなか持つことができない。
しかし、学生という確立された身分があれば、審査の厳しい銀行系クレジットカードを持つことも何ら不可能ではない。

さらに、早くからクレジットヒストリーを積めることも大きな利点である。
問題を起こさなければ、という最低限の条件付きではあるが、早くからクレジットヒストリーを積んでいけばそれだけ社会的信用も大きくなる。
後年、住宅ローンの審査やカーローンの審査の際も有利に働く。

そして、年会費が無料という点も大きい。
一般カードは基本的に年会費が発生する。
まれに年会費無料のカードや条件付き年会費無料のカードもあるが、この場合は受けられるサービス(例:海外旅行損害保険など)の制限が付く場合が多い。
その点、学生カードは年会費が無料でも受けられるサービスは有償並みに充実している。
学生のうちは年会費を払う必要が無く、しかし受けられるサービスには変わりがないとなれば、社会人になってからカードを持つよりも得である。

旅行に出かける機会が多い学生には特にお勧めしたい。